「板金加工のおたすけマン」は精密板金加工・精密金属加工、独自の簡易金型技術でお客様をサポートします。

神村製作所 板金加工のおたすけマン

バーチャル板金加工

仮想製品を使って製品が出来上がるまでの流れをご紹介します。

1. 仮想製品を作ろう!

上記の図面から製品が完成するまでの工程を見ていきましょう!

2. 図面から展開図を作成

CADを使ってペーパークラフトのような平板状の展開図を作図します。
この展開のやり方によって、後の加工工程に大きく影響を与える大変な作業です。

3. 加工要素割付とNCデータ変換

加工条件を指示して機械を制御するコードを生成します。
1行ごとに軸の移動や座標系の設定などが記述されており、このコードによって機械が制御されます。

4. シャーリング

上下する上刃と下刃で材料を剪断するシャーリングマシン。
ここでは規定のサイズ(定尺)の材料を必要な大きさに切断します

5. ブランキング(レーザー切断)

発振器で発生させたレーザー光を照射し溶融切断します。
複雑形状や自由線の加工が容易に行えます。

6. ブランキング(NCT抜き打ち)

複数の金型ステーションを配した上下タレットに、様々な形状の汎用金型をセットし、その組み合わせにより任意の形状にプレス打ち抜きする加工です。

7. デバリング(バリ取り)

ブランキングにより発生したバリを「デバリングマシン」で除去します。
ワークをコンベアで流し、回転した軟質の研削ブラシが研削しバリを除去します。

8. タッピング(ねじ切り)

量産品の場合はNC制御のタッパーを使用し、自動でタップ径に応じた工具に交換し、タップ加工や切削油の塗布を行います。少数の場合は卓上タッパーによる手加工を行います。

9. ベンディング(曲げ)

上型は先端が直角もしくは45°の金型をメインに使用しますが、干渉を避けたり、R状や段曲げなど、様々な形状に合わせて金型を交換して加工を行います。

10. ウェルディング(溶接・仕上)

電気抵抗による熱によって金属同士を溶かし接合する加工方法。
必要に応じて肉盛り除去や外観の平滑仕上げを行います。

11. 完成

この様な工程を経て製品が完成されます。

技術情報に戻る

ISO取得 ISO取得
株式会社神村製作所
〒611-0033     京都府宇治市大久保町西ノ端1番23
TEL.0774-43-4800
FAX.0774-43-4888